NDIR法に適した計測機械も多い

NDIR法に適した計測機械も多い

NDIR法に適した計測機械も多い 赤外光源から放射された赤外光がガス分子により吸収される現象を利用した非分散型赤外線吸収法(NDIR法)は、近年注目されている計測手法です。日本における技術進歩の向上が目覚ましく、この分野における技術も以前とは比べものにならないくらい変化を遂げています。こうしたことから、NDIR法に適した計測機械も様々に展開されています。
その特徴としてまず挙げられるのがその正確さです。非常に精密に計りますので誤差はほとんど生じません。また種類が豊富にあるという点も大きな特徴です。様々な分野でのニーズに対応した機械が展開されていますので、とても便利と言えます。さらに価格がリーズナブルな点も特徴と言えます。この種の機械は価格が高いといったイメージがありますが、NDIR法の機械は価格が抑えられており、魅力的な価格での提供となっていますので、購入しやすいです。こうした様々な特徴から、今では様々な業種において使用されています。

NDIR式のガス濃度センサーの仕組み

NDIR式のガス濃度センサーの仕組み NDIRとはnon dispersive infraredの略で、非分散型赤外線ガスセンサーのことです。このNDIRガスセンサーを用いることでいろいろな種類のガス濃度を測定することができます。ここで言うガスというのは広く一般に気体という意味で、ガスコンロで使う都市ガスとかプロパンガスに限ったものではありません。
気体は、その種類に応じて、ある特定の波長の赤外線を吸収するという特徴があります。どの波長の赤外線が吸収されるかはガスの種類によって決まっており、その波長の赤外線がどの程度まで吸収されるかというのはそのガスがどれくらい多く含まれているかに左右されます。
そのため、測定したいサンプル気体に対して照射された赤外線の中で、どの波長の赤外線がどれくらい吸収されたのかを調べることで、どんな気体がどれくらいの濃度でそのサンプルの中に含まれているかを知ることができるのです。これがNDIRガスセンサーの仕組みです。

新着情報

◎2023/05/16

情報を更新しました。
>NDIRでは新技術が次々と開発されている
>NDIRという技術についての用途と詳細な説明
>NDIRの利用法は主にこれがおすすめです
>NDIR技術が流行中!環境分析やセンシングに革新をもたらす
>NDIRセンサーのメリットとその特徴について知ろう

◎2020/2/17

ガスを検知するセンサー
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

二酸化炭素の含有量を測定する
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

NDIR法に適した計測機械も多い
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

NDIRの研究
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの応用
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「光 センサー」
に関連するツイート
Twitter

玄関暗すぎるし電気のスイッチの位置が微妙だから人感センサー付きのLED電球に変えようかな、2000円以下で買えるし リビングは壁に反射して照らすのとベッドサイドに柔らかめのを置きたい〜 照明だけでもお金かかるな

バタバタしててようやくグラブルの周年イベを浴びた ガチャはサンダルフォン(リミ)とか引くしかないので先に引いてた 110連ほどでPU揃って撤退 なお、物欲センサーによりサンダルフォンがPUの中で1番最後来た😭 けど水着とバレンタインは天井だったので3分の1程で出てくれてサンキュー🪽

返信先:光センサー通してないから 桃でぇーす(むかつくフェイスで

返信先:赤外線センサーってに弱いんですよね…

返信先:逐一チェックしてなかったのでわかりませんが 光センサーがあればできるかもしれませんね