NDIRの応用

NDIRの応用

NDIRの応用 NDIRは、分光分析手法の代表的な例として赤外線吸収が広く用いられています。
赤外波長領域に物質固有の吸収ピークが存在することを利用したもので、特にガスの分析手法で代表的なものです。
この分析法を応用することで赤外線の技術を照明に利用したのがNDIR光源です。
棒状にしたNDIRにLED照明を取り入れ小型化・マイクロ化に成功しました。

半導体加工技術に応用されてシリコン基盤内にガスチャンバーを集積したNDIR法や樹脂ブロック内に回析格子と分散光路を構成した分光デバイスが色々な分野で活用されるようになりました。
主に半導体やガス分析に使われた技術が発展しています。
マイクロマシンは、本質的に小型・低価格・大量生産に適した技術であることから家庭用空調用ガスセンサーをはじめ環境センサーで活用されたり、自動車車内の照明設備を1つにまとめて小型化をはかり部品の数を減らして効率化・低価格での大量生産を可能にしました。

ガスモニターにはNDIR法が採用されています。

ガスモニターにはNDIR法が採用されています。 赤外線ガス分析計(いわゆるガスモニター)にはNDIR法が採用されている機種が多く販売されています。
NDIR法とは非分散型赤外線吸収法と言い、赤外光源から放射される赤外光がガス分子に吸収される現象を分析計に利用しているのです。
そのNDIR法でも特に測定対象のガスを吸収させるサンプル出力と吸収させないリファレンス出力を比較して濃度として表す、ダブルビーム方式のNDIR法がもっとも安定した測定ができる方式です。
これは、サンプルガスが流れない場合は、サンプル出力もリファレンス出力も同じになりますが、サンプルが流れると赤外線が吸収されサンプルの探知のみが出力が変化します。
これによって、濃度を測定するのです。この方法は40年以上の実績を持つ優れた方法で、自動車や理化学機器、環境などを測定する計測器に利用されています。
この方法であれば、センサー1個で1から3種類の成分が測定でき、モニターの小型化に適しています。

新着情報

◎2023/05/16

情報を更新しました。
>NDIRでは新技術が次々と開発されている
>NDIRという技術についての用途と詳細な説明
>NDIRの利用法は主にこれがおすすめです
>NDIR技術が流行中!環境分析やセンシングに革新をもたらす
>NDIRセンサーのメリットとその特徴について知ろう

◎2020/2/17

ガスを検知するセンサー
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

二酸化炭素の含有量を測定する
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

NDIR法に適した計測機械も多い
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

NDIRの研究
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの応用
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「光 分析」
に関連するツイート
Twitter

電子増倍管から得られる出力パルス波高は、入射エックス線の「エネルギー」に比例します。 これによりシンチレーション検出器では、入射エックス線が何keVかというエネルギー分析ができます

MIRAI BOSAI の多先生の「健康寿命の要因分析」面白い。 女性の社会文化活動はマイナス要因だが、特に子育て支援は結構マイナスに働く。一方で自然保護活動はプラスに、とのことでめちゃくちゃ面白いな。

返信先:

スペクトル分析 物質から反射するを分解して、どの波長のがどのくらい含まれているか分析すること。これにより物質の内部の成分が分かったりする。 スペクトル分析で宇宙で赤い(波長が長く他よりわずかに速く進む)の恒星が多い銀河を発見。これにより宇宙の端が遠ざかる(膨張している)ことが判明

精神分析が求められる保守系あるある 大阪万博 都庁飾 能登ブルーインパルス