ガスを検知するセンサー

ガスを検知するセンサー

ガスを検知するセンサー NDIRとは対象の気体中のガスの濃度を計測する装置であり、非分散型赤外線式センサーの英語表記の頭文字をとった語句です。
光源と受光素子が両端に付いたこの検出器では、光源から放射された赤外線が受光素子に到達するまでに何らかのガス化した物質のために特定の波長が吸収されて受信量が減る現象を用いて、対象の気体中に含まれる特定のガスの種類と量を検知します。
気体中に存在するガスは、赤外線のうち特定の波長のもののみを吸収する性質があります。
ガスの分子の固有振動数で赤外線が共振して分子振動となって吸収されます。
よって、対象の気体中を通過する量は、光源から発せられた光量よりも受光素子で捉えられる量が減り、振動数からは含まれているもの種類が判明し、減少量から濃度がわかります。
このNDIRセンサーは、対象物固有の振動数で赤外線が吸収されることから、検出対象の種類が多いことが特徴であり、濃度が高かったり長時間の測定になってしまっても不可逆的な感度の変動がない点も特徴であります。

NDIRセンサーの光源に使われるLEDについて

NDIRセンサーの光源に使われるLEDについて 私たちの周りに存在している空気はよほどの高地へ行かない限り成分の濃度はほぼ一定に保たれています。
ですが、例えば室内で野菜などを栽培する植物工場やビニールハウス内など気密性の高い場所においては、植物の活動により変わってくることがあります。
植物を育てる場合、二酸化炭素の濃度が重要になります。なので濃度の管理には何らかのセンサーを使っているのではないでしょうか。
それにはNDIRセンサーが便利です。NDIRセンサーは光源を二酸化炭素に照射し、光の吸収量を測ることで濃度を特定します。
光源には2種類ありますが、その一つがLEDを使ったものです。
これを使用すると消費電力をかなり抑えることが出来ます。
またセンサー部分を小さく出来るため測定機器が小型になります。
寿命が長く安心して使用することが出来ますし、反応が早いことも特長です。
こういったことから光源にLEDを使用したNDIRセンサーはもやは必須アイテムではないでしょうか。

新着情報

◎2023/05/16

情報を更新しました。
>NDIRでは新技術が次々と開発されている
>NDIRという技術についての用途と詳細な説明
>NDIRの利用法は主にこれがおすすめです
>NDIR技術が流行中!環境分析やセンシングに革新をもたらす
>NDIRセンサーのメリットとその特徴について知ろう

◎2020/2/17

ガスを検知するセンサー
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

二酸化炭素の含有量を測定する
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

NDIR法に適した計測機械も多い
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

NDIRの研究
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの応用
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「光 光量」
に関連するツイート
Twitter

これトレペで質と量調整してISO固定してバウンスで撮れば、十分マクロフォトもいける最安最軽量のセットアップになりそう🤔✨ マジで侮ってた💦 安物感は安物だし否めないけど、安くて使えれば良いって人にはオススメの一品だわ✨

写真に写ると同じ色でも、の元のLEDがある所は明るく写ってしまいますが、実際に人間の目で見ると、明るさの変化がハッキリと差が出ずに、ちゃんとグラデーションになっています。 人間の目で見れば綺麗なのに、写真は量を影響を敏感に受けるため源のある所が明るくなり、差が出やすくなります。

音ももない世界からラストに向けてとんでもねぇ量のところに還っていくの良いよな

返信先:室内のでも綺麗にるよ。 ただまぁ、あのシーンの再現となるとかなりの量が必要になることが判明したねぇ…。

 ワシの寝室も青いよ 壁掛け時計のだけど ちょっと量が多くて