二酸化炭素の含有量を測定する

二酸化炭素の含有量を測定する

二酸化炭素の含有量を測定する 近年地球温暖化が大きな問題となっており、世界レベルでその原因となる温室効果ガスの発生を抑えるための様々な検討がされていることがニュースでも頻繁に取り上げられるものとなっています。日本でも工業を始めとする様々な生産活動において、二酸化炭素を発生させてきたことは事実であり、工業立国でもある日本の大作が世界から注目されているのです。そのため今後も効果的な活動を行うことが世界から日本に与えられた課題といっても過言ではありません。

その中でそれぞれの二酸化炭素の発生量を測定する重要な記述となるNDIRが注目されています。NDIRは分子の特性を利用し二酸化炭素などの期待の量を測定する非常に高度な技術ですが、その原理は、赤外線と分子の振動数との密接な関係にあります。分子はそれぞれその種類によって振動数が異なり、また同じ周波数の赤外線を吸収する性質を持っているのです。すなわち、特定の振動数の赤外線の状態を識別することで、その分子の量を測定することができるのがNDIRの特徴です。この原理を利用して、NDIRは二酸化炭素の量を測定しています。

NDIR方式ガス検出によるCO2測定の原理と利用場所について

NDIR方式ガス検出によるCO2測定の原理と利用場所について NDIR方式ガス検出によるCO2測定は、一般的によく知られている「非分散型赤外線吸収法」と呼ばれている赤外放射九州の原理に基づいた仕組みです。この原理は放射された波長が、分子の内部エネルギーレベルと一致するスペクトル領域において光を吸収することを応用したもので、吸収される光の量を測定することにより、測定対象外物質の干渉を受けることなく目的の分子数を測定することを可能としています。

従来は大型が主流でしたが最近では小型・薄型が基本になり、幅3センチから5センチ前後、厚さも1センチ前後と邪魔にならないため、壁や家具の隙間などに装着して利用することができるようになりました。NDIR方式ガス検出によるCO2検出は、測定精度や常時稼働が求められる病院や公共施設などの室内空気制御システムに欠かせないものですが、ほこりや粉じんなどの細かな汚れに弱いため、大規模プラントなど排煙源付近の監視には不向きとされています。

新着情報

◎2023/05/16

情報を更新しました。
>NDIRでは新技術が次々と開発されている
>NDIRという技術についての用途と詳細な説明
>NDIRの利用法は主にこれがおすすめです
>NDIR技術が流行中!環境分析やセンシングに革新をもたらす
>NDIRセンサーのメリットとその特徴について知ろう

◎2020/2/17

ガスを検知するセンサー
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

二酸化炭素の含有量を測定する
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

NDIR法に適した計測機械も多い
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

NDIRの研究
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの応用
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「ガス 検出」
に関連するツイート
Twitter

O2センサ 排気ガス中に含まれる酸素濃度を検出するもので、この酸素濃度を検出することで空燃比が理論空燃比に対し、小さい(濃い)か、大きい(薄い)かを判断する。O2センサは、円筒状のジルコニア素子の内外面に白金をコーティングしてあり、内側は大気と、外側は排気ガスと接触できるようにな

『協会は専門家の話などからメタンガスと説明。爆発事故後、隣接工区で測定したメタンガス濃度を確認したところ、1~3月に4カ所で低濃度のメタンガス検出』 『現場から消防への通報が発生から約4時間半後だったことや、施工業者が被害の一部を協会に報告していなかったことが明らかになっている』

一方、ガスの種類は特定しなかった。 協会は専門家の話などからメタンガスと説明。爆発事故後、隣接工区で測定したメタンガス濃度を確認したところ、1~3月に4カ所で低濃度のメタンガス検出されていた。 万博を運営する日本国際博覧会協会は24日に記者会見し、会期中の安全対策を公表する。

'20

天文学者は へび座星雲(誕生後100万年~200万年)のWebb観測データから、誕生直後の恒星から噴出するジェットが付近のガスや塵を衝突してできた一群を発見。しかもバラバラの方向になる筈が全て同じ方向を向いている。この種の検出は初。(ESA)