初心者のためのNDIR情報サイト

NDIRの技法

NDIRの技法 NDIRとその技法については、一般的にはそれほど知られているものではありませんが、専門的な分野で利用されている画期的な手段となっています。
この手段の原理は、分子が、放射された波長が分子の内部エネルギーのレベルと同一になるスペクトル領域において、電磁エネルギーを吸収するという事実に従っているものになります。
これについては、一般的に理解されている物理化学分野での量子力学理論に従い、中赤外スペクトル領域において原子間振動を発している分子エネルギーの共振が大きく関係しています。
異なる原子によって異なる種類の分子が形成されるため、振動の共振周波数や波長はそれぞれの種類によって異なります。
このファクトが、スペクトル分析によるガス検出の基本であると捉えられています。
選択された種類の共振波長と同一になるごく狭いスペクトル領域内で吸収される光の量を検出することにより、他の種類の干渉を受けることなく固有の種類の分子数を測定することが可能です。
以上のようにNDIRとその技法は、物理化学分野で重要な意味を持っています。

NDIRの技術で二酸化炭素の濃度や排気ガスの測定などが行われています

NDIRの技術で二酸化炭素の濃度や排気ガスの測定などが行われています NDIRは二酸化炭素の濃度を計測するための技術です。
NDIRとは「Non Dispersive Infrared」の略で「Non」は「Dispersive」を否定する言葉です。
「Dispersive」は「分散的な」といった意味で、「Infrared」は「赤外線」です。
そのため日本語では「非分散型赤外線」となります。
本来なら「Absorption Method」(吸収方法)と続いて「非分散赤外線吸収法」となります。
NDIRは通称です。
赤外線とは太陽光にも含まれる光ですが、目には見えません。
ですが熱を感じる光です。
例えば、遠赤外線を使った加熱器具をご存知だと思います。
太陽光の可視光線(目に見える光)には7つの色、すなわち虹色がありますが、それらは波長の違いでそうみえるようになっています。
赤外線も一つの波長ではなく幅があります。
先ほどの遠赤外線もそうですし、より赤色に近い近赤外線といったものもあります。
NDIRは赤外線を出しそれがどれだけ吸収されるかを測定することでガスの濃度を測ります。
二酸化炭素はある波長の赤外線をよく吸収するので、その波長について吸収量を調べると濃度が分かるのです。
現在では二酸化炭素センサーとして基板上に配置できるほど小型化されており、室内の二酸化炭素の計測器や車の排気ガスの測定、アルコール検知器などに使われています。

新着情報

◎2023/05/16

情報を更新しました。
>NDIRでは新技術が次々と開発されている
>NDIRという技術についての用途と詳細な説明
>NDIRの利用法は主にこれがおすすめです
>NDIR技術が流行中!環境分析やセンシングに革新をもたらす
>NDIRセンサーのメリットとその特徴について知ろう

◎2020/2/17

ガスを検知するセンサー
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

二酸化炭素の含有量を測定する
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

NDIR法に適した計測機械も多い
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

NDIRの研究
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの応用
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「二酸化炭素 濃度」
に関連するツイート
Twitter

返信先:他11人1臭気計とか欲しいですよね… 二酸化炭素濃度と臭気は測りたい所です

地球の二酸化炭素濃度をPPMでは 400PPMですが %で表す0,04%ですよ❗数字を大きく見せる洗脳戦略ですよ❗殆どの人が脱炭素カーボンニュートラルが正しい目標のように考えるように 洗脳戦略と継続的メディア報道で普通の科学的思考を麻痺させています💔ゆっくり考えてください 本当に正しいのか‼️

返信先:ちゃうねん この二酸化炭素濃度系、こんな数字しか出してくれへんねん どこがどう悪いんかわからんから今度作り直す🫠

よく行くドトール、立地良いけどなぜか滞在中めちゃくちゃ欠伸が出る。 先日流れてきた投稿で「二酸化炭素濃度が高いと欠伸が出る」とあって「まさか…?」と思って今日入口近くに座ったら(落ち着かない位置なので普段は座らない)ぜんっぜん出なかった。次からここ座ろ…

二酸化炭素センサーをおいたら、部屋を閉めたら露骨に濃度が上がるのビビる。 いやもう少し穏やかに上がると思うじゃないですか。