初心者のためのNDIR情報サイト

NDIRを使用することによって二酸化炭素濃度を計測することができますが、一酸化炭素濃度も検出することが可能です。
理由としてどちらも赤外線の吸収特性があるから計測することができます。
ただし一般的な器具であればどちらも同じように計測されるのでそれぞれの濃度を検出したい場合は赤外線の吸収特性の誤差を検出できる高性能な製品が必要になります。
もちろん埃やPM2.5などの微粒子が大量にある空気中では正確なデータが得られない点にも注意が必要です。

NDIRと一酸化炭素

NDIRと一酸化炭素 NDIRは空気中の二酸化炭素濃度と一酸化炭素濃度を検出することができるようになっています。
検出方法は簡単で、二酸化炭素と一酸化炭素の赤外線の吸収特性を応用して濃度を調べているのです。
この測定の精度は空気中の不純物の量に応じて変動することがある点に注意が必要です。
NDIRは科学研究所や自動車の製造業、炭酸飲料を生産する工場などで幅広く利用されています。
特に一酸化炭素においては自動車などの機械の製造業において非常に重要で排出されるガスの中に含まれる濃度を測定して、基準値をクリアしているかどうかを計測することが目的とされています。
NDIRは赤外線を使用している点から電力消費量も非常に少なく安定して稼働可能です。

NDIR方式によるガス分子の吸収利用法とは?

NDIR方式によるガス分子の吸収利用法とは? NDIRとは、非分散形赤外線のという意味の略語です。
非分散形赤外線吸収式は、一酸化炭素や二酸化炭素、炭化水素など多数のガスを測定する際に利用されています。
原子間の振動によって、分子エネルギーに共振が存在しますが、異なる原子により異なる分子が形成され、振動の共振周波数や波長は、それぞれの種類によって異なってくるのです。
赤外線による方式では、ガスそれぞれの固有の赤外線の波長を吸収する性質を利用しています。
試料ガスに赤外線を放射して、成分と濃度を測る方式です。
一方非分散形では、光源からの放射で全波長の赤外線をそのまま用いる方式なのです。
光の量を検出することで、他の種類による干渉を受けずに、固有の種類の分子数を測定することが可能となります。
非分散形のセンサーは、光源と検出素子、光路とチョッパーの4つの要素から成り立っています。
一般的には、チョッパーの回転機構や連続点灯の光源による熱の対策のために、金属製の大型ボディーが使用されています。
非接触方式での測定は、高精度であり寿命が長いという非常に優れた測定方式なのです。
今までNDIRの技術は、高価な計測器でしか適用されていませんでした。
しかし、近年NDIR式のセンサー開発と大量生産が実現し、ビルやマンション、産業や農業などさまざまな分野で広く利用されています。

NDIRでは新技術が次々と開発されている

NDIRは赤外線を利用した様々な空気中の不純物などを検出する仕組みとなっており、古くから光化学スモッグやその他の有害物質を検出するために利用されてきました。
現在ではPM2.5やその他の有害微粒子などの検出にも効果的に利用されており、様々な分野で環境の状態を把握し適切に対応するために重要なものとなっています。
NDIRは一般的には赤外線を発生する光源と、これを検知するセンサー部分から構成されていますが、その種類には様々なものがありそれぞれの特徴を踏まえて利用されているのが実態です。
しかしその方法によってはいろいろなデメリットがあり、適合する測定範囲が限られることから、次々と新技術が開発され測定の精度が向上しています。
従来は目で見える様々な物質の検出に有効となっていましたが、現在ではPM2.5を始めとする様々な微粒子が大気汚染の原因となることも多いため、これに対応した新技術が開発されNDIRの測定効果の精度を高めているのが実態です。

NDIRという技術についての用途と詳細な説明

NDIRとはNon-Dispersive Infraredという略語で、非散乱赤外線分析法を指します。この技術は、一定の波長を有する赤外線エネルギーが、特定のガスに吸収されることを利用して、そのガスの濃度を測定する手法です。
NDIR検出器を説明してみると、赤外線源、吸収器、検出器、信号処理回路から構成されることがわかります。赤外線源からの光が特定の波長を有する吸収器に入射すると、ガスに含まれる分子や原子によって吸収され吸収された量に応じて吸収器に入射する光の減少量が決まります。
その後、検出器が吸収器から出る光を検出し、減少した量に比例した信号を発生させます。信号処理回路はこの信号をデジタル信号に変換し、検出ガスの濃度を計算します。
NDIRはその高い感度と精度から、工業用ガスセンサ、環境大気の監視、医療用途などに利用されています。例えば、自動車の排ガス検査などでは狭い範囲の中で異なる濃度のガス成分を検出することができます。
また、環境大気の監視では小さな濃度のガス成分を正確に検出することが可能であり、健康に悪影響を及ぼす化学物質の濃度を測定することができます。
NDIRは、小型化、高信頼度、自動化に対応するなど、新しい技術が次々に開発されています。そのため、今後ますます広域な分野で活用されることが期待されています。

NDIRの利用法は主にこれがおすすめです

NDIRとは、ノンディスパーシブインフラレッドのことを言います。赤外線を放出することにより、ガスの計測を行うことが出来ます。
中でも二酸化炭素を計測する分野において活躍を果たしています。NDIRが放つ赤外線が二酸化炭素に吸収されると、センサーの受光量が変わるのでその変化で数値が分かります。
この利用法は主に製造業におけるガスの量を調べる際に行われます。政府は2050年までにゼロカーボンを掲げていますが、これはガスを一切出さないというものではなく、発生量と吸収量でプラスマイナスゼロにするとの狙いがあります。
正確な計測をしなければ、数値を示すことが出来ません。また、企業としてCO2の排出量が少ないことを示すことにより、環境にやさしいことをアピール出来ます。
消費者の中には環境問題に関心を持つ方も少なくありません。
それゆえにそれらのアピール材料は、企業の業績を向上させることへも繋がっていく可能性があります。

NDIR技術が流行中!環境分析やセンシングに革新をもたらす

NDIR(Non-Dispersive Infrared)技術は赤外線を用いた非分散型の光学センシング技術であり、最近ではさまざまな分野で流行しています。特に環境分析やセンシング分野において、革新的なソリューションを提供しているのです。
1.環境分析における技術の活用 大気汚染や温室効果ガスの削減の重要性が高まる中、環境分析において重要な役割を果たしています。NDIRセンサーを用いた大気中のガス成分の測定やモニタリングが行われており、環境保護やエネルギー管理において革新的な解決策を提供しています。
2.センシング分野における技術の適用
センシング分野にも広く適用され、室内空気のCO2濃度測定や産業プロセスにおけるガス濃度のモニタリングなどで使用されており高精度で安定した測定が可能です。
モバイルデバイスやIoT(Internet of Things)デバイスとの組み合わせにより、さらに効率的なセンシングシステムを実現することもできます。 3.技術の進化による新たな可能性
高性能なセンサーや新しいガス検出技術の開発が進んでいます。これにより、より高精度で信頼性のある測定やモニタリングが可能になり、さらなる新たな可能性が広がっているのです。 NDIR技術は環境分析やセンシング分野で注目を集めており、革新的なソリューションを提供しています。今後の技術の進化により、より多くの分野で活用が期待されています。

NDIRセンサーのメリットとその特徴について知ろう

"NDIR(Non-Dispersive Infrared)センサーは、二酸化炭素やメタン、一酸化炭素などの気体検知に用いられる技術であり、産業分野や環境分野で広く利用されています。
従来の化学センサーよりも高い信頼性や高い精度を持ち、低コストで製造することができるため、多くのメリットがあります。
まず非常に高い信頼性を持っています。従来の化学センサーではセンサー内の化学物質が消耗してしまうため、精度が低下する場合があります。一方赤外線の吸光度を測定することで気体を検知するため、センサー自体に化学物質を使用しないため、高い信頼性を維持することができます。
高い精度を持っています。赤外線吸光度の計測は気体の吸光スペクトルを測定することにより、非常に高い精度を実現することができます。このためNDIRセンサーは、低濃度から高濃度までの幅広い範囲で、正確な気体検知ができます。 さらに低コストで製造することが可能です。
従来の化学センサーでは高価な化学物質を使用する必要があり、製造コストが高くなってしまうことが多いです。一方NDIRセンサーは、センサー自体に化学物質を使用しないため、低コストで製造することができます。

NDIRに関する情報リンク

85年の歴史を持つNDIRの会社

新着情報

◎2023/05/16

情報を更新しました。
>NDIRでは新技術が次々と開発されている
>NDIRという技術についての用途と詳細な説明
>NDIRの利用法は主にこれがおすすめです
>NDIR技術が流行中!環境分析やセンシングに革新をもたらす
>NDIRセンサーのメリットとその特徴について知ろう

◎2020/2/17

ガスを検知するセンサー
の情報を更新しました。

◎2019/10/30

二酸化炭素の含有量を測定する
の情報を更新しました。

◎2019/6/26

NDIR法に適した計測機械も多い
の情報を更新しました。

◎2019/3/22

NDIRの研究
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの応用
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「ガス 吸収」
に関連するツイート
Twitter

返信先:笑気ガスは麻酔のガスで口腔気道に於いて粘膜吸収の自己呼吸可能意識もある麻酔ガス

吸い過ぎるとどうなるのか聞いたらブラックアウトするらしい。呼吸の多くを酸素より笑気ガス吸収に使ってしまって血中酸素濃度が下がるみたいな仕組みかな?今思えばスマートウォッチの血中酸素濃度測定してみれば良かった😂一回2200円なので今回は経験としてやってみたけど次からはやらんかもだけど

ポルシェが「排気ガスから二酸化炭素を吸収し、それを集めて合成燃料を作る」究極のリサイクルシステムを特許申請。これによって合成燃料のコスト低減なるか - Life in the FAST LANE. 特許取得数の多さから言ってポルシェこそ 技研🥺

スリーエム3M 3M 吸収缶 デュアルタイプ 有機ガス用 6001

RIEF | 2024-05-24 > ドイツにある国際海洋法裁判所(ITLOS)は21日、太平洋の小島嶼部諸国等が、海洋に吸収される温室効果ガス(GHG)を海洋法上の汚染物質に該当するとの確認を求めていた件で、同主張を認める見解を公表した。